株式会社横山興業 ー解体工事の流れー

解体工事の基本的な流れを解説。

見積り

1.現地立会い調査

まずは、御見積り。基本的に解体予定地を立会いさせていただきます。建物の事はもちろん、近隣の環境まで含め御見積りとなります。なお、お電話でも御見積りは可能ですが、あくまで概算となり目安としかなりません。

2.見積り書の作成。解体に置ける基本説明。

立会い見積りの後、見積書を作成いたします。ただし、解体業界では、地中障害物は別途費用となるのが一般的です。解体工事を進めている際に地中より解体処理の必要な物が出てくる場合があります。その際は担当よりご連絡差し上げます。

着工前

3.近隣住民などへのごあいさつ

解体工事は、騒音など近隣へご迷惑をおかけすることになります。ご希望の場合は、担当者同行も可能です。お気軽に申しつけ下さい。事後報告より、事前告知が近隣トラブルを避ける第一歩となります。

4.水道光熱関連、配線や配管の手配、手続き

ライフラインが、活きたまま解体工事をすることはまずありません。工事が始まる前に各種ライフラインの撤去手続きを行います。業者の選定等当社にてご希望がありましたらお手伝いさせていただきます。

着工、工事開始から終了まで

5.足場や養生

高所作業に伴い、足場を組みます。また、防音、防塵の為の養生を行います。

6.内装などの撤去

まずは、建物内装部より解体を始めます。石膏ボードやサッシなど手作業ではずしていける物を外していきます。

7.外装、構造体の撤去

正に目に見えている物を解体していきます。この作業が一番、騒音や粉じんが発生します。季節や環境に応じて水をまきながら行うなど対策をしながらの作業となります。

8.解体物の分別、搬出

解体物の分別、搬出を行います。当社では基本的に自社運搬となります。責任を持って行います。なお、処分に関しましても当社施設内で大部分が行えます。

9.地中確認

地中残留物、想定外の埋設物などが無いか確認いたします。

10.整地、工事完了

解体現場を整地し平らにします。必要に応じて砕石を敷いたり、アスファルト施工、コンクリート打ちなどを行います。ご希望の場合は立会い確認もできます。

一般屋家、解体作業の流れ

実際の弊社で施工した解体現場を参考に、解体の流れをご紹介。必要に応じて足場を組みます。
横山興業のクレーン車1 横山興業のクレーン車2 横山興業のクレーン車3 横山興業のクレーン車4 フローチャート

ライフラインの撤去・及び養生

横山興業のクレーン車5 横山興業のクレーン車6
1日目
 
解体工事の最初に足場を組み電気屋水道などのライフラインを専門業者に依頼し撤去します。必要に応じて仮設のライフラインを設置いたします。夏場など粉塵が上がるのを防ぐため水をまきながら作業する場合もあります。
  
                                                       

内装・外装の撤去

   横山興業のクレーン車7 横山興業のクレーン車8
2~3日目

リサイクル、エコを大切にする現代では基本的に手作業にて行います。内装、外装品は、特に種類によって正しく分別する必要があり、人の手を使って行わなければならない作業です。
横山興業のクレーン車9 横山興業のクレーン車10 横山興業のクレーン車11

構造体の撤去

横山興業のクレーン車12 横山興業のクレーン車13
4~5日目

皆さんが思い描く解体現場ではないでしょうか。重機を使い、慎重かつ大胆に解体を進めていきます。

基礎の撤去

横山興業のクレーン車14 横山興業のクレーン車15
5~6日目

基礎の解体です、基本的に重機で行います。構造体と同様、順次トラックにて運搬します。

整地

横山興業のクレーン車13
6~7日目

残材の確認や、整地必要に応じて砂利等を搬入整地します。
さらに、場合によっては浄化槽などの地中埋設物の撤去を行います。

本物件の概要

新築のため、既存家屋の撤去解体。 構造:木造軸組み2階建て。 上下水:完備。 広さ:約50坪。
一度お問い合わせください